物損の場合は慰謝料にならない

Permalink

交通事故の慰謝料は「被害者」に対して支払われるものであり、「壊してしまった物」に対しては慰謝料は支払われないです。従って交通事故で自分が所有しているものが壊されてしまっても慰謝料を請求することは難しいです。
自分が大切にしている物が交通事故で壊されてしまったらどのような補償を受けることができるのかを真剣に考えなければいけません。

基本的に慰謝料は入院や後遺症が残ってしまったときに支払われることが多いです。
自分が交通事故の被害に遭って入院をしたり後遺症が残ったときに支払われることが多いですから、ここで物損事故で自分の物が壊されたときに慰謝料を払ってもらおうと思っていると、後から大変な目に遭ってしまい壊されたものを自腹で修理代を支払っていかなければいけません。

もし自分が所有するものが交通事故に巻き込まれてしまう可能性があるのであれば、交通事故に巻き込まれてしまったときにどのような補償があるのかを事前にしっかり考えておくようにしましょう。
壊されてしまったら大変なものであれば、相手からの慰謝料などをあてにするのではなくて、自分で保険に加入しておいてそのものを自分自身で守ってあげることが重要です。そうすることで自分の財産を自分自身で守ることができてとても安心です。